勉強も遊びも全力で

私の主人の友達の娘が現在、看護学校に通っています。
とてもしっかりしているお嬢さんで、成績もとても優秀で学年で三番以内に入るほどだそうです。
看護師を目指していたのはいつからなのかはわかりませんが、学校で教えてもらったマッサージの仕方などを自宅に帰ってきてからも兄弟や家族の身体を借りて一生懸命練習しています。

看護師になるためには、看護学校しか選択肢がないと思っていました。
しかし、大学でも看護師になるための勉強ができ、試験も受けることができるということをつい最近知りました。
大学の方が、四年間という期間があります。実習や勉強のことを考えると、専門学生とはあまり変わらないかもしれないのですが、一年多い分、学生生活を楽しむには十分な時間があるのではないかと感じました。
医療関係の仕事で大学に通わなくてはいけない仕事と言えば私には医師しか思いつきません。
しかし、医師になるためには大学に進むしか道はありません。
医師を目指して医学部へ入学した生徒も、学生生活を楽しむだけの時間はあるのでしょうか。
テレビドラマなどで出てくる医学生のイメージしかないのですが、ふらふら遊んでいるようなイメージしかありません。
しかし、実際はそんなことをしていたら医師の免許を取ることはできないと思います。
医学部は、大学に入るにはかなりの偏差値が必要とされます。
クイズ番組に出てくる医学生などはドラマのイメージとはかけ離れていて、とても賢そうで、遊んでいるイメージが湧きません。
猛勉強しないとなることができないと聞きますが、学生生活はその時だけです。
勉強もおろそかになっては困りますが、友達と遊ぶ時間も大切にしてほしいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です